私たちに美味しい食材を提供してくださる生産者さまたちをご紹介します。(宮崎ふぁーむ編)

  • 2017.07.06 訪問

     兵庫県は丹波市の
     『宮崎ふぁーむさん』にお邪魔しました!!!

      玄三庵で使用している玉ねぎやナスなどのお野菜を作ってくださっている「宮崎ふぁーむさん」
    お取引させていただくようになり、約8年が経ちました。
    とにかくいただくお野菜ずべてが本当に美味しい「宮崎ふぁーむ」さん!
    今回は農体験と併せて、お野菜の美味しさの秘密や、農園の生い立ち等々を伺って参りました。 


     
       
     美味しさの秘密
     兵庫県の丹波市は盆地ということもあり、昼夜の気温差が激しく、
     夏は暑く冬は寒い厳しい環境にあるといいます。
     その中でも酒蔵が4つもあるほど水が綺麗な市島町。
     そんな環境の中、宮崎さんは除草剤は一切使用されず、肥料は 堆肥やワラ等の
     有機質なもののみを使用され、環境にやさしい野菜作りをされておられます。
     農薬に頼らない野菜つくりで、病気や虫害を出されないようどうしたらよいのか常にその生育状況を
     観察されていることが、結果的に美味しさに結びつくのだそうです。

     農園の生い立ち
     宮崎ふぁーむはご夫妻二人で営んでおられます。
     ご主人は大学卒業後、大阪で大手メーカーに就職されましたが、空気のいい田舎で
     有機栽培の野菜を作りたいという熱い想いを断ち切れず、単身2004年に丹波市島へ就農されました。
     奥様はフードコーディネーターとして働かれている際、就農されたばかりのご主人と出会い、
     その野菜つくりの情熱と 丹波の美しい自然と美味しい野菜に魅せられて、ご結婚されたとのこと^^
     以来、ご夫婦二人三脚で美味しいお野菜を作られています。

     季節を感じながら野菜を作ることが「何よりも幸せ」。
     「周りの農家の方々の縁もとても大切なんだ」とおっしゃっていたのが印象的なお二人でした。。



     到着してご挨拶、小喋りをさせて頂いたあと、
     早速農作業のお手伝いをさせていただきました。

     まずは、玉ねぎの収穫です!

     前日まで雨、翌日も雨の予報。梅雨の合間の晴れた本日。
     「今日やってしまいたかったから助かるわー」と言っていただき、それはお力にならねば! 
     と張り切る一同。
     玉ねぎを引っこ抜いて行く人、収穫ハサミをお借りし玉ねぎのあたまと根っこをちょん切る人に
     わかれ、なんとか3列の収穫を終えました!

     とれたての玉ねぎは水分が多いので、土の上でこのまま夕方まで乾燥させます。
     お日様、どうぞよろしくお願いします!

     作業中、ふかふかの土の中からミミズやいろんな虫がぴょこっと顔を出しおっかなびっくりの
     わたしたちに、 「野菜つくりは土!みみずも住めない畑からは美味しいお野菜はできないのです」
     とおっしゃる宮崎さん。
     なるほど、とっても勉強になります^^
     
     そんな貴重なお話を聞かせていただきつつ、お昼ご飯タイムを終え眠くなってきたところで(笑)
     午後の作業開始です!

     まずは里芋と新生姜の雑草抜きと害虫退治!
     この害虫は蛾の幼虫、放っておくと美味しいお芋を食べつくしてしまうのだとか。

     一同一枚ずつ、枝葉の裏表を見ていきます。
     「コイツを見つけたら、ポイっとするのではなく、きちんと息の根を断って下さい」
     と厳しいお顔の宮崎さん。。
     可哀想そうですが、これも美味しいお芋をいただくため!
     害虫を発見してはぎゃー! と言いつつも、間髪いれずブチっとやっていた乙女たちでした☆

       最後は、ナス畑へ!
     ミッションはなすを支える支柱作りです。
     はじめにその説明を受け、2人1組で作業を進めていきます。

     ナスはこの黄色い雄しべが真ん中の雌しべに受粉し、その雌しべが実になります。
     
     
     出来立てのナスがこれです。ここから実が大きくなっていきます。
     先端の形が雌しべの名残。
     かわいいですね~♪
     

     水分たっぷりのナスは、重たさから茎や葉がしな垂れ折れてしまったりするので、
     それを防ぐため両側からテープを張って支えてあげます。

     これがなかなかの重労働!
     普段は宮崎さんご夫婦だけでされてるなんて!と驚きでありました。
     
     ここでも作業をしながら害虫を見つけたらブチっとします。

     美味しい野菜を作るために細やかな作業、害虫を見つけてはその都度退治し、
     肥料は有機質のものを探してくる。
     猪などに食べられないよう設備を整えるだけでなく夜は見回りなどなど、
     お二人でされるには相当大変なことばかりだとは思います。

     作業しながらご夫婦の姿をチラチラ拝見させてもらうに
     お二人はとっても仲睦まじく「これ、こーしようか?」と相談されながらの作業。
     とっても素敵な雰囲気で羨ましかったです(笑)

     
     今回はお忙しい中時間をいただき、宮崎ふぁーむさんへ訪問させて頂きました。
     お二人のお話を伺えば伺うほど、お野菜への興味も湧き、
     またこんな風に作られてるんだよーっとお店のスタッフたちやお客様に伝えたくなりました♪

     「始めた頃台風や自然災害で畑が壊滅したときは言葉もなかった、ただ涙がつーっと流れた」
     というお話を伺った際、なんと言っていいかわからず胸が痛くなった私たちに
     「今じゃすっかり慣れましたけどね!」と豪快に笑う、ご夫妻。
     その明るさとタフさ、素晴らしいです!!わたしたちも見習いますね♪





     今回は農体験はもちろんのこと貴重なお話をたくさん頂き、ありがとうございました!

     これからも引き続きスタッフ一同、宮崎さんご夫婦が育てたお野菜たちを大切に・美味しく・お客様に笑顔になっていただけるよう、
     ご提供していきたいと思います。

ページトップ